二日酔い対策はとにかく水

二日酔いになるたび、毎回「二度とお酒なんか飲みたくない!」とか「きちんと節度をもって次からは飲もう!」と固く心に誓うのです。
しかしその誓いはいともたやすく破られ、二日酔いの朝を迎えるのです。
私はお酒には強く、飲まれることは今までの人生で数えるほどしかありません。
お酒の場では楽しく飲めるし、誰にも迷惑をかけることなく自力で帰宅もできます。
記憶が飛ぶこともまずありません。ですので本当にお酒が好きで、楽しめるのです。
しかし最近になって、ちょっと二日酔いの頻度が増えてきました。
若い頃の方が今よりも安く美味しくないお酒を大量に飲んでいたにも関わらず、です。
肝臓機能が低下してきたのと、度の強いちゃんとしたお酒を飲むようになったからかもしれません。
夜飲んで次の日起きると、頭が痛かったり、ひどいと吐き気をもよおしたりするのが、私の二日酔いのタイプです。
頭痛だけであることがほとんどで、たいていお昼を過ぎる頃には回復することが多いです。
とはいえ頭痛を抱えて家事や仕事、外出をするのはとても辛いです。
二日酔いを起こさないようにするにはどうしたら良いのか、最近は私なりの二日酔い防止策をするようになりました。
よく言われるのはウコンを飲むことでしょう、しかし突然飲む流れになったときには、用意が無いこともあるでしょう。
すきっ腹にビールは酔いが一気に回るそうです。
しかしすきっ腹で喉がカラカラなときに飲む酒ほど旨いものはありません。
私が編み出したのは、アルコールがある程度分解されるまで寝ない、という対策です。

夜遅くまで飲むのであれば、後半はソフトドリンクを片手にお酒とどうりょうの水分を摂るようにします。
すると頻繁にお手洗いへ行きたくなりますが、一早く体外へ排出することが大切なのです。
帰宅後もそのままベッドへ倒れこみたい気分をグッと我慢し、お水やお茶を飲んでひたすら排出します。
一般的な人よりも肝臓の機能に自信があるので、23時に飲み終われば1時には寝られるほどにシラフに戻れます。
お風呂に入ったりシャワーを浴びたりすると、汗からもアルコールが排出されるし、酒臭い髪の毛もスッキリするのですが、それだけは酔いが醒めるまではしないようにしています。
やむを得ず入る場合は、浴室にコップいっぱいのお水を持って入り、飲みながら短時間で済ますようにしています。
もちろん入る前と出た後の水分補給も欠かせません。
とにかくたくさん水分を摂って、たくさん出す。
ある程度出るまでは寝ない。
これが私の二日酔い対策です。