飲み会に行く前に牛乳を飲みます。

私はいつも飲み会など、結構多くの量を飲みそうな場に行く場合には牛乳を
コップに一杯飲んでから行く様にしています。
これは二日酔い対策として私がずっと行っている方法になります。
科学的立証はどうなのかそれはわかりませんが、私が若い頃から行ってる
方法の一つで私はずっとそれを続けています。
牛乳を飲む理由については、牛乳が胃に粘膜を作り酔いにくくなるという事を誰かに聞いた記憶があるのです。
誰だったかそれをはっきり覚えておりませんが、それから飲み会に行く時は
必ず牛乳をコップ一杯飲んでから行く様にするのが、私の中では当たり前になりました。
牛乳を飲んで行った日は、お酒の量を結構飲んでもあまり二日酔いになった事はありません。
当然多少はありますが、吐いたり記憶がないなどの経験は無ありません。
しかし外出先からそのまま飲み会に行った時、会社からそのまま飲み会に行った時など、牛乳を飲まないで行った時に飲んで行った時に比べて酔いやすく、記憶がないぐらいに酔ったり吐いたりという事がありました。
そういう経験から行くと、全く牛乳に効果がない訳ではないのは理解していますが、これは私一人に言える事かも知れないのではっきりとそうですとは言えません。
最近になり牛乳と二日酔いの関係がどうなのか、という興味を持ちネットで調べたところ、二日酔いによる頭痛を抑える成分が牛乳には入っているようで
根拠がない訳ではないという事が分かりました。
最近は歳を重ねるごとにアルコールを一気に大量に飲んだりする様な、二日酔いになりやすい飲み方を避けるようにしてるので、牛乳を飲まなくても二日酔いになる事はあまりありませんが、やはり体調が悪い時などは二日酔いになってしまいます。
なので今日は自分が疲れてると感じる日や、体調がすぐれない時や睡眠が足りないと思った時に飲み会に行く場合は牛乳を飲むようにしています。

ほぼ必ず家にあるものなので、わざわざお金をかけてドリンク剤を購入しなくても済むので、お金もかからないのが良いところです。
牛乳は飲み会に行く前に飲み、二日酔いかなと感じる日は寝る前か起きてから、柑橘系のジュースを飲みます。
柑橘系の成分はアルコールを分解し易いという事で、ゆっくりと時間をかけながら飲むと少しずつ気分は良くなっていきます。
二日酔いになる時は、体調が悪い場合や疲れがひどい時になり易いのも
自覚して置く事が、ひどい二日酔いにならない為のお酒の飲み方に繋がり
ますので、その辺も気をつける様にしています。