空腹の状態でお酒を飲む時は、ホットミルクだけでも飲んでおく事がポイント

二日酔いにならない様にする為に私が日頃注意している事は、まず一気にお酒を飲まない様にする事です。これは当たり前の事ですが、意外と守れない事が多いです。また、胃の中が空っぽの状態で飲むと当然酔いがまわりやすくなりますが、それだけでなくその様な場合「悪酔い」する事が多く、結果、翌日にお酒が残りやすくなると思います。これを避ける為の具体的な対応としては、おつまみなどの食べ物を、たくさん食べてから飲むと言う簡単な事ですが、様々な事情でそれが出来ない場合もあります。この様な時は、「一杯でも牛乳を飲んでから酒を飲むと良い」と言う事を、昔何人もの人から聞きました。こうする事で、胃を守ることが出来る様です。出かける前にホットミルクを一杯のむだけでも、断然違うと実感しました。
またお酒を翌日に残したくない場合、私はビールや酎ハイなどアルコール度数が低めのドリンクを飲むように注意しています。更に二日酔いと一言で言っても、飲むお酒の種類によって、二日酔いの症状もそれぞれ違うような気がします。ウイスキーなどは足がふらつきやすい、日本酒を飲む時ちゃんぽん(いろいろな種類のお酒をコロコロ変えて飲む事)してはダメなど、いろいろうわさを聞きますが、やはり体内からすぐに出ていくお酒を飲めば二日酔いになりにくいのではないかと思います。したがって、薄めたウイスキーよりもビールの方が翌日には残りにくいと思います。
飲みすぎない様にと気を付けてお酒を飲んでいても、やはり二日酔いになってしまった場合は、シジミの味噌汁を飲むようにしています。これはとても効果的な上に、普通においしいので一石二鳥です。二日酔いの日はやはり自然にこれが飲みたくなりますし、二日酔いのあの不愉快な感じがなくなると実感しています。また辛い食べ物や、カレー、ネギなどを食べる事で、発汗性が良くなるせいか、アルコールが体の中から抜けやすくなる様な気がしてスッキリします。また梅干しなどの塩辛い食品も食べたくなります。妙においしそうだと感じるのは、その食品がなんらかの助けになるから必要なのだと私は考えます。それから、二日酔いの日に仕事などで人に会わなければならない場合、口臭がお酒臭いのではないか?などとても気になります。このような場合、私は温かい緑茶を飲む事が多いです。これは具体的に効果があるのかは分かりませんが、気分的には何となくスッキリとしています。