グレープフルーツに水とカフェイン!?

最近こそ、あまり肉なども食べなくなったせいもありますので大酒を飲むことはなくなりましたが昔はそれこそ毎日のように飲んでいた時期もありました。

 

もう辞めてから10年以上は経ちますが、クラブイベントを自分たちで企画するグループに所属していたこともあったのでほぼ毎日のように夜な夜なそうしたところへ顔を出しては酒を飲み朝方帰宅していました。そんなめちゃくちゃな生活をしていたので、迎え酒をするなんてことも珍しくありませんでした。

 

そんなイベントサークルから徐々に足を洗いながらも、やっぱり友達と集まるとクラブへ行ったり朝まで飲んだりすることが多くありました。二日酔いを緩和させる方法の一つは食べることです、ひたすら何かをお腹に入れておくだけで大分酔いは緩和されるものなのですが、これはこれで飲みすぎても食べ過ぎてもどちらか一方が限界までいくと非常に悲惨なことになるのは想像がつくと思います。

 

もちろん、一番いい方法は一旦酒をストップすればいいのですが、何軒も何軒もハシゴしていると入ったお店でとりあえず酒を飲まなくてなりません。頼んだ酒は飲むのが礼儀?といったらそうなのですがそうして飲んでいくと例えビールとはいえ明け方には記憶がなくなるなんてこともざらにありました。

 

一番いい方法は、その場で寝てしまうことです。私は実際にそうした方法で何度かひどい二日酔いを乗り切ってきました、道端で寝るバーで寝てしまう、そして起きたら昼過ぎだったことも何度かありました。しかし、これは危険を伴いますのでお勧めはしません。

 

あまりにも二日酔いがひどい時は寒気がしてきます。本当はたしかお風呂には入らない方がいいと聞いたことがありますが、アルコールが抜けてくると体温が下がってきますのでぬるま湯につかるような感じで入るのはいいらしいです。

 

あと、これが一番よかったように思えますがグレープフルーツジュースを飲むことです。効果はあったのかなかったのかわかりませんがとにかくアルコールを分解してくれたり、ビタミンを補ってくれたりと色々と二日酔いに役立つらしいです。しかし度を過ぎて飲みすぎてしまうとそれだけではどうにもならないかもしれません。

 

聞いた話ですと、翌日はひたすら水を沢山飲めと言われたことがありました。アルコールは体内の水分を排出してしまう働きがあるそうなので水分補給は大切で、さらに利尿によってアルコールの分解もすすむとなれば一石二鳥とはこのことでしょう。あとは、これに加えてコーヒーなんかを飲めばよりカフェインによって利尿作用が高まりますので効果的かと思います。